自由設計で手に入れる理想の我が家|夢のマイホームがドンと建つ

コストカットの方法

自由設計の家を建てる事により、通常の家と比べて大きくコストカットを行うことができるようになります。自由設計の住宅を建てる場合、設計事務所などが保管している住宅のプランの中から一部カスタマイズすることにより、家の構造をシンプルにすることで使用する建材を減らし、工期を短くすることで建てる費用が安くなるのです。家の構造というものは住む家族の人数やライフスタイルによって細かく変えられるものです。以前に自由設計の家を建てた人の設計図から、一部自分たちが住みやすいようカスタマイズすることで、構造を単純化させることができます。家族の人数が少なければ、使用する部屋も少なくすることができるため、間取りの変更で部屋数を少なくすることで安くなるのです。家は、シンプルであればあるほど安くなります。分譲住宅などがいい例であり、工賃を可能な限り安くするため、分譲住宅は余計なデザインは一切取らず、シンプルかつ使いやすい質実剛健といった様子の家を建てているのです。分譲住宅が安い理由としてこうした構造上のシンプルさが挙げられるため、構造を単純なものとすることで費用を短くすることが出来るのです。

自由設計による家造りでは、他にも家を建てる建材から自由に選べるプランも存在します。家を建てる上でネックになるのが建材であり、耐久性の高い建物を建てるとなると、高価な建材を使用することなるため、費用が大きくなってしまうのです。しかし、使用する建材を安いものと変える事により、建てる費用を大きく削減することができるのです。外国製の建材であれば、耐久性も高く安価な素材となるため、使用することで家としての高い耐久性とともに、大きなコストカットを行うことができるでしょう。