自由設計で手に入れる理想の我が家|夢のマイホームがドンと建つ

土地に合わせられる

自由設計の家では、どのような土地の形状であっても自由に設計し、建てることができるという利点があります。設計事務所が保有する規格型の家では、過去に建てられた土地の形状に合わせたものとなっているため、保有している土地の形状によっては建てられない状況となるのです。所有できる土地の形状はさまざまで、周囲に建物に挟まれるように、細長くなっている土地もあれば、勾配の急な傾斜地に存在する土地もあります。こういった特色のある土地は比較的安価で購入することができますが、せっかく買った土地の上に建築物を建てられないとなれば問題となるでしょう。従来通りの建築思想で建設することができなければ、土地に合わせた自由な思想で建てる必要があります。そこで、自由設計の家を建てることにより、変わった形状の土地でも問題なく建てることができます。設計事務所などは十分な居住スペースを設計に入れ、長年使用したとしてもしっかり建ち続けるきちんとした耐久性をもたせ、さらに強風や地震などにも対策を取ってくれるため、安全かつ不自由なく過ごせる家を建ててくれるのです。

土地の形状が変わったものとなっていても、自由設計の家では通常の住宅と同じように快適に過ごすことができます。傾斜の強い土地であれば、基礎や土台の形状によって調節し、段差や勾配の差を感じさせない家にしてくれます。また、極端に土地の狭い場所であれば、上階を設けることや地下室を作ることにより、狭い場所でも十分な生活スペースを設けることができるのです。形状によって間取りを組み換え、用途ごとに不自由なく使用することができる家を、自由設計を設計事務所に頼むことで建てることができるのです。